高知県No.1 RUNNERへの道

天皇盃 第25回 全国男子駅伝 感想

昨日のラン。

35分ジョグ。

仕事中の疲労感は自制内で経過。

さすがに夜寝ておくと眠気によるだるさがないので乗り切れるようだ。

そして、現在は元に戻ったか?

昨夜も9時間睡眠。

 

~~~~~~~~~~~~~

 

駅伝ですが、

田村和希選手が楽しそうに走っていて気持ちよさそうだと思った。

順位もどんどん上げられる位置だったからもあるでしょう。

もちろん実力も!区間一位!

 

ラソンがメインの選手は取り上げられることが多いけれど、

それよりも短い距離を走る選手も速いな~とあらためて思った。

(名前とか知らないけれど)

7区の1~3位の展開も面白かった。

月もせず離れもせず。

 

中谷選手の頑張りはモチベーションを上げてくれた!

希望としては設楽選手の逆転劇が見たかった。

ラソンに向けてどんなレース展開を想定していたんだろう。

 

そして、高知県は・・・

(ホームページをご覧あれ)

あの場所に立てるだけでも高知県のエリート。

しかし、優勝を目指しているチームと比べると取り組み方が違うのかなと感じた。

もちろん、個々の目標はあると思うので、それに向けて頑張っていこう!

 

同じ高知県民として応援してます!