高知県No.1 RUNNERへの道

龍馬マラソンまであと9日~浦戸大橋は絶対頑張らない編~

昨日のラン

27分ジョグ。

おとといの体調は最悪だったが昨日は8割普段通り。

走るものいつも通りの疲れ。

 

プロフィール


・今年で6回目の出場予定。
・他の大会でサブ3は達成ランナー。
・みんな共通して考えていそうなことをまとめる予定。
・龍馬マラソンを楽しんでほしいという願望ありw
・(サブ3を目指している)

 

タイトルについて

  • 浦戸大橋は体力を使いそうな場所である。
  • 登りで呼吸が上がり、方全体で呼吸するようになるとエネルギーの消耗が激しくなる。
  • そこで息が上がらない程度、肩に力みが入りすぎない程度の負荷量で調整してみる。
  • ガーミンが5分台を刻んでても気にしない!というか時計を見ない。
  • 下りは4分を切るペースで走らないこと。
  • これはガーミンを見ること。
  • 腕を広げて空気抵抗を増やすこと。
  • ドシドシいかずに柔らかく接地する事を意識すること
  • 脚は前に出さずに置く意識。
  • 平地を上りに感じないために絶対スピードは上げない。
  • こんなところで糖質を使いすぎないことである。

まとめ

  • 浦戸大橋からの花街道(平地)の数キロはしんどく感じる。
  • 加えてそのままペースが落ちると体が冷えて動かなくなってくる。
  • ラソンは30㎞~35㎞以降が勝負である。(自分との)
  • 2回目の仁淀川河口大橋の終わりからスピードを上げられるよう余裕をもって走ること。