高知県No.1 RUNNERへの道

疲労感が強いときには、走るのを休む努力を。メンタルはあっても体が持たないことに注目。

昨日のラン。

朝13分ジョグ。

夕33分ジョグ。

 

朝は走れた。

体は重くてキロ7分30秒ペースから、、、

こういうときは注意。

仕事中もいろいろ不具合あり。

思うように進まないときには、効率を考えずに目の前の行動や、絶対にやらなければならない行動を確実に終わらせていくこと。

なんだかんだ乗り切った一日だった。

 

今朝は目覚めは良かったものの走らず寝ることを選択。

目覚めの時刻はほぼ同じだがそこからまた寝た。

習慣ができたのか、6時のアラーム前に目覚めるようになった。

睡眠時間は7時間30分ぐらいだろうか。

(前日はもう少し早く寝たかったが、読書していて時間を忘れてた)

 

自分の疲労感が強いもう一つの指標。

「夜目覚めないこと」

走ったあとで夜目覚めないときには疲労が溜まっている証拠と判断している。

こういうときには無理をしない。

それを去年の後半~今年にかけて学んだ。

 

ポイント練習の翌日の夜の過ごし方が大切。

自分は二日後に疲労のピークを迎えるため忘れないようにしなければ。。

 

 

~~~練習内容~~~

休みの日はロングラン

まだスピード練習はしない

痛みが出たら終了