高知県No.1 RUNNERへの道

読書感想文「ランニング・タフ」オススメです。久しぶりに読み返してみました。

今週のお題「読書感想文」です。

 

こんにちは!

好き勝手に走っているランニング好きなgoshiです。

 

いきなり本題に入ります。

私のランニング本の中でもオススメは「ランニング・タフ 世界も名選手を育てたトレーニング75」です。

 

Running Tough (English Edition)

Running Tough (English Edition)

 

 日本語版のアマゾンがなかったので英語の方を貼ってみます。

 

タイトル通り、オリンピックに出場されたり世界の上位選手たちの練習メニューや考え方が記された本です。

などのテーマに分かれています。

 

速くではなく強いランナーに。

90分以上走ればロングランと言える。

話のできるペースで決めた距離を走り抜くこと。

大切なのは、プロを同じような内容(メニュー)で同じようにトレーニングすることではない。

 

 

今でもこの本の心に残っている言葉は多くあります。

テンポ走やインターバル走の工夫の仕方も多く書かれているので、マンネリを感じたときに、読み返したりしています。

 

走る前にあまりに「きつそう」なトレーニングメニューだと、楽をしてクリアする方法を考えてしまう

 

という雰囲気の表現があるのですが、自分の意志が楽に逃げないようなメニュー作りも大切と日々実感しています。

 

ロングランをするときも、2パターンぐらいは考えて逃げ道を予め作ったりもしています。

個人が選手でコーチの市民ランナーが多いと思いますが、自分を鼓舞するのが難しいときはどうしても出てきます。

 

そんなときに、ランニング・タフを読むと、みんなと同じようにやらなくていいんだ、自分のベストを尽くせるように設定していけばいいんだ!と前向きにしてくれます。

 

インターバルトレーニングにおける練習設定では、「余裕があるときには、スピードを挙げるより休憩時間を短くして対応したほうがいい」とあります。

 

なるほどな!と。

私は、最初の数本がペースが速いとか、中盤に途中をスピードを上げすぎて、後半のペースが下がったりという事が多くありました。

(今もありますが。)

 

プロでコーチもいなければ、好きなように走ればいいのですが、違う選択肢を知っていることも、日々の練習の楽しさを増してくれますよね。

 

自分に合わせた負荷量を考えるのは難しいですが、いろいろな知識を取り入れて、楽しくランニングしていこう!と思える本だと思います。

 

ぜひ、走りたくなる本ですので、一読をおすすめします!

 

以上、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。