高知県No.1 RUNNERへの道

大人になったなと感じるとき✕ランニング

今週のお題は「大人になったなと感じるとき」です!

 

おはようございます!

市民ランナーのgoshiです!!

 

はてなブログには、

毎週?2週間?ごとに

お題(テーマ)にそって、

記事を書くというイベント?があります。

 

今回のテーマは難しいw

 

なんせ、

私の身体年齢は「16歳」と、

健康診断で表示されて、

 

精神年齢も「16歳」ぐらいから

変わっておりませんw

 

中学生の時は

反抗期があった?ため、

それよりは大人かなと思っております。

 

===

 

大人になったと感じる時、、、

 

・給料をもらった時

・人に教えている時

・何かをゆずった時

 

でしょうか?

他の人の記事を参考にしては

面白くないため、

この3つのキーワードで

続きを書いていきますね!

 

===

f:id:midyuti:20210110203205j:plain

・給料をもらった時

 

私は理学療法士として

働いています。

 

十数万円の給料を

もらいだして、

親からの仕送りなどを受けずに

生活をしていることは

「大人」になったと言えそうです。

 

ただ、

会社に依存している、、、

という点では

「自立」は

していないのかなと思っています。

 

===

f:id:midyuti:20210110203532j:plain

人に教えている時

 

次は人に教えている時ですね。

教える立場というのは、

何かしら、

相手の持っていないもの、

相手が望んでいるものを

与えている行為になります。

 

自分のほうが優れている、、、

とまでは言いませんが、

自分に持っているものを

相手に与えるという点では、

「大人」である行動かなと思います。

 

理学療法士として、

専門知識を使って、

教えたり、一緒にやったりと。

 

プライベートな面でも、

ラソンを続けていることもあり、

知り合いへ

アドバイスしたりします。

そんな時には、

「大人」の対応になっているのでは

ないかなと思ったりします。

 

===

f:id:midyuti:20210110203719j:plain

何かをゆずった時

 

最後は「何かをゆずった時」ですかね。

 

つまり、

相手に与える余裕があるってことです。

小さい子供は何でも欲しがるじゃないですか?

好奇心の塊です。

 

欲しがる程度はあっても、

いくつになってもあります。

 

自分が持っているものを

難なく渡すことができる、、

そんな時には、

「大人の対応」

なのかなと思います。

 

・車の車線変更できるペースを空けて走ったり。

・子供がいなくならないように、遠くから見ていたり。

・理不尽なことを言われても、聞く姿勢を保ったり。

 

ランニングでいえば、

 

・給水所で素早くよってあげたり

・痰やつばを出すときは後ろを気にしたり

・スタートの並ぶ位置に気を配ったり

・目があったと思ったら挨拶したり

・足がつっているランナーさんに声をかけたり

・そして、塩飴を渡したり

 (私は渡されたほうです)

 

普段のランニングや、

ラソン大会でも

大人の対応をしてくれる方々は

たくさんいます。

 

===

 

では、

大人の対応をするにはどうしたらいいのか?

 

 

「余裕を持つこと」

 

これに限りますね!!

どうやって、

余裕を持つかは、

あなたも考えてみてくださいw

 

では、

このへんで。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

寒い日が続きますが、

風邪にも気をつけて、

楽しく走っていきましょう!

 

あとはコロナにも、、、