高知県No.1 RUNNERへの道

ランニング中のすれ違いに、お辞儀を返してくれる人って「すごく優しい人」です!!

おはようございます!

サブ240を目標に取り組んでいる市民ランナーのgoshiです!

 

朝ランは夜と違って、

朝走ると明るいため人の顔がよく見えることになります。

f:id:midyuti:20201103073939j:plain



そこで、優しい方は「お辞儀をしてくれる、返してくれる」なと思いました。

 

「優しい」

 

の定義は特にありません。

私が、優しいと感じたから「優しい」だけです。

 

春になってランナーさんが増えてきました。

私は朝ランをするようになって、

朝走っている人がたくさんいることに気づきました。

 

 

ランニング中にちょっとしたことですが、

気づいたことを言葉にしてみようと思い

「お辞儀をする瞬間はどうんなときだろう」

と考えてみました。

 

 

どんなときにお辞儀をするのでしょうか?

 

・道をゆずる時

・道をゆずった時

・目があった時

・すれ違った時

・狭い道の時

 

道をゆずった・譲られた時

f:id:midyuti:20201103073922j:plain

私は川の堤防沿いを走ることが多いです。

また道の左側を走ることが多いです。

 

たまに自分が走っている側を歩いたり、

走ったりして向かってくる方がいます。

そのようなときには、

気づいたほうが道をゆずるのが暗黙のルールですね。

 

この道をゆずってもらった、

自分が道を変えてすれ違った時に

お辞儀してくれる人が多いです。

 

全然知らない方ですが、

「すこし頭をうなずいてくれる」動きがあると、

優しい気持ちにもさせてくれます。

 

目があった時

 

ランナーであれば、

信号待ちやすれ違うときにに目が合う気がしませんか?

 

私は目があった気がした時には、

とっさにお辞儀してしまいます。

 

フレンドリーな方であれば、

そこから一声かけて話が始まるのかもしれませんね。

(私は苦手ですので、音楽に集中ですw)

 

狭い道の時

f:id:midyuti:20201103073840j:plain

狭い道ですれ違うときにはスピードを緩めます。

歩くこともあるかと思います。

 

歩くまでスピードを緩める時には私はお辞儀をします。

とくにトレイルランをしている時には、

 

お辞儀+「ありがとうございます」

 

までしっかり伝えます。

公道とは違って、

トレイルという空間は言葉を出しても良い環境のように思います。

(というか出さなければならない空気感があります)

 

ちなみに、狭い道で追い越す時には、

 

・後ろから通りますね!

・後ろから失礼します!

 

などと声をかけることがあります。

他にも、足音をわざと大きくして気づいてもらい、

もしゆずってくれたらお礼を伝えます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

他にもちょっとした気づかいやルールはあります。

日本はおもてなし満載の国です。

 

ランニング中は何が起こるかわかりません。

普段から周りに気を配る精神を身につけつつ、

楽しく走っていこうと思った今日このごろでした。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。