高知県No.1 RUNNERへの道

ランニング中に足の甲が痛い時は、痛いところの靴紐の通し方を変えると良かったよ!

おはようございます!

市民ランナーのgoshiです!

今回はランニング中に足の甲が痛くなることがありました。

なんとか改善できないかと考え、靴紐の通し方を変えると痛みがなくなったためご紹介します。

 

どうやったか?

やり方は簡単です。

痛い部分の靴紐の通し方を変えるだけで簡単に痛みがなくなりました。

 

↓↓実際に行なった靴紐の通した後の写真です。

f:id:midyuti:20210330081337j:plain

 

分かりますか?

 

右と左で靴紐の通している場所が違います。

私は右足の 第3中足骨(足の真ん中よりちょっと前あたりの骨、中指あたり)が痛くなっていました。

原因は?

足の甲が痛むのは今までなかったため原因としては靴紐が当たっており血管や神経などを圧迫していることではないかなと判断しました。

結果は?

その靴紐の圧迫感がなくなったことによりその後走った後では痛みが出ることが少なくなりました。

一週間後には痛みなく走ることができている状態です。

 

ランニングシューズが代わってシューズの型と私の足がうまく合っていないのかもしれません。

今回靴紐の通し方を変えることで痛みがなくなったためホッとしています。

まとめ

  • 痛むには何かしらの影響がある。
  • 解決策が何かある。
  • 今回は靴紐の位置を変えるだけで治った。
  • 無理して走らず改善点を探していく。
  • 同じような悩みがある方に伝わればと思って書いてみた。

 

靴紐を結び直すことは面倒くさいことです。

それでも一度行っていくと次に走る時に痛みがなく快適に走ることができます。

 

靴紐を治した時間は2-3分でした。

足の甲が痛くなった場合の対処法の一つとしてぜひ試してみてください。

 

以上ここまで読んでいただきありがとうございました。

今日も楽しく走っていきましょう!