高知県No.1 RUNNERへの道

【今日の反省】決めたことをやらず、他のことをして失敗するケース

おはようございます!

ほのぼの走っている市民ランナーのgoshiです!

 

昨日は、休みでした!

高知市は曇りでやっと雨が上がった休みでした!

 

前々から立てていた計画では、「ロングラン」の日。

しかし、スピードを上げる気持ちが強くなっていて、前日に14~16km位を気持ちよく走ろうとテンポ走へ切り替えました。

 

そして、失敗しました。

というわけで、

何が原因で走れなかったのか?

これからどうしていくのか?

を考えていこうと思います。

 

何が原因で走れなかったのか?

f:id:midyuti:20210823133536j:plain

まずは何が原因で走れなかったのか?

  1. 前日の練習内容
  2. 前日夜の食事内容
  3. 朝のお腹の調子
  4. やや寝不足
  5. 最初にスピード出しすぎ

こんなところでしょうか。

前日の練習内容は、

仕事後に7kmほどはしり、間に1km×2本を行いました。

仕事の疲れがあった中でのスピードを振り絞るということが意外と疲労につながったと考えられます。

また、2週間ほど、キロ4分を切るようなランニングを行っておらず、体の負担が強かったのでしょう。

 

そして2つの目、夕食です。

買いに行くのがめんどくさいという理由で、

卵かけご飯とキャベツでした。

ご飯は多めに食べたのですが、貧弱なメニューで過ごしてしまいました。

 

翌日練習することを想定していない夕食計画はダメだと改めて反省です。

 

3つ目と4つ目は重なるのですが、

気温も高くなってきてか、2~3度ほど目覚めました。

目覚めたらトイレへ行き、いつもどおりの体重測定では普段より0.5kgほど少なかったです。

そのまま3km朝ランへ向かいました。

 

そして、腹痛発生。

ちかくのトイレへ駆け込み事なきを得ました。

しかし、下痢になっていたということは、栄養素は吸収されることなく出されたということでしょう。

これに気づかずに、負荷の高いと思われるテンポ走を実施しようとしてしまいました。

 

お腹の調子が悪いときには、体調に何かしらの影響があることを考慮することも必要です。

大会での朝の下痢ならまだしも、腹痛までひこ起こす下痢は注意です。

 

そして、5つ目のスピードをの出しすぎです。

スタートは気持ちよく過ごしました。

1kmは3分56秒で思ったより速かったです。

4分ペースを狙っていたので。

そこから、3kmほどすると、左脇腹の痛みとエネルギー不足感が襲ってきました。

 

5kmのラップで4分44秒という表示を見て走ることをやめてしまいました。

あとは走る予定だったコースをゆっくりジョグして帰りました。

 

すぐに思いついた原因がこの5つです。

  • 前日の練習内容
  • 前日夜の食事内容
  • 朝のお腹の調子
  • やや寝不足
  • 最初にスピード出しすぎ

これからどうしていくのか?

f:id:midyuti:20210823133606j:plain

  • 前日の練習後の食事は十分取るようにする
  • 目覚めることは仕方ないと割り切る
  • もっと余裕を持って序盤を走る

ランニング前の食事は大切です。

これは誰もが認めるでしょう。

少しの面倒くささで、妥協してしまうためその対策を練らなければなりません。

ということで、

走ると決めた2日前には、休み前日と当日朝の食事を買っておくことにします!

 

事前準備ですね!

夜目覚めるのは、癖になっているので知りません。

睡眠障害といっていいのではないかと思っていますが、日中倒れるほどの疲労とかにはなっていないため無視します。

 

そしてこれも重要!

あくまでビルドアップを目指して走ること。

私にとって4分ペースで16kmを走ることはハードルが高いです。

それを春辺りにできていたからといって、気温が25度以上の環境でできるとは限りません。

気温を考えたペース配分が改めて必要と感じます。

(いや、当たり前だろ!!)

 

数kmのインターバル走ならまだしも、5km以上はペース配分を考えることにします!

後半を楽しく走って戻ってこれる工夫をしていきます!

 

私の場合4分30秒ぐらいなら走れそうなので、それでまずは5km・8km・10kmあたりまで走って、余裕があったら後半をもっとスピードを上げるように、この8月は取り組みます!

 

===

 

以上で反省終了!

gdgd考えてもしょうがないので、一度言葉に落とし込んでみました。

あとは実践あるのみ。

 

走る前は高い目標設定をしてしまいますが、走り終わったあとに楽しかったと言える、満足感を味わえるランニングライフを作っていこうと思います!