高知県No.1 RUNNERへの道

30歳からの矯正日記:第20話~あの痛さが再来~(閲覧注意)

おはようございます!

歯の矯正中の市民ランナーgoshiです!

2020年8月から矯正治療中です。

f:id:midyuti:20200814172334j:plain

私の矯正は、上の写真のような(インビザライン)マウスピースをつかって行っています。

一週間ごとに、交換してゆっくりと矯正していきます。

 

今回は、思ったよりも痛い現状があったため、これから矯正を考えているかたへ、事前の情報をお届けできたらなと思い書いていきます。

 

はじめに

前日の記事に、2回目の矯正が始まったということをお伝えしました。

昨年の8月からインビザラインを使って、47週かけて第1段階が終わりました。

(もちろんここで終わる方もいるようです)

私の場合は、さらに第2段階、さらに67週の予定が始まりました。

 

↓↓前日の記事です

www.goshi-run.com

 

この第2段階に入る方はたくさんいるようです。

第1段階より、インビザラインの枚数はだいたい多くなるそうです。

それで、悲観的に感じる方がいるようです。

私は、しょうがないと割り切っていたので、それほど悲観的な感覚にはなりませんでした。

 

で、

第2段階の67週が始まったわけです。

第2段階の始まり

ここ2~3週間はインビザラインを使っていたのですが、第1段階の終了時のインビザラインを使っていたため、歯が動くことはありませんでした。

 

そして、第2段階目の1つ目(1枚目)のインビザラインをつけた、翌日朝~夕方。

非常に痛い、久しぶりの感覚がやってきました。

 

それは第1段階目のときにも味わっていた、歯が動いて痛みが発生する感覚です。

今回の私の場合は、奥歯を中心に動かしていくようです。

その奥歯の部分周囲の痛みが強く感じられました。

 

どんな痛みでしょうか?

なんとあらわしましょうか。

 

机?などに前歯とかをぶつけたときの痛みの鈍痛バージョンでしょうか。

ジワ~と来る痛みがずっと続く感覚です。

 

しかもですよ!

f:id:midyuti:20210823164845j:plain

この写真の両側にゴムが引っかかっているのですが、これが気になる気になる。

前歯を前に出さないために使うものなのですが、ほんとに違和感しか感じません。

 

とりあえず12時間もすればなれてきましたが、

寝るときは気になって気になって、なんどか目覚める始末となりました。

(ただでさえ、睡眠障害に近い感覚なのに、、)

 

痛みとゴムの違和感これは慣れるまで数時間かかりますので、事前に知っておくとよいでしょう。

矯正歯科の現場で聞くだけでは身にしみませんので、あとになって違和感マックスです。

痛さはどれくらいで慣れる?

痛さは20時間ぐらいでなれます。

(私の場合)

1週間毎の交換となりますが、1日我慢すれば少なくなります。

そして、週が進むごとに痛みも弱くなってきます。

 

歯車と一緒のように考えて、最初の最初を動かすのが難しいようです。

止まっているものを動かすときには、反対のエネルギーを打ち負かせないと行けませんので、、

まとめ

  • 20時間もすれば痛みは引いてくる。
  • 矯正ゴムを使うと違和感が強い。
  • 矯正ゴムは12時間ぐらいは気になって仕方がない。
  • 痛みとゴムの違和感で眠れないこともある。
  • 徐々に慣れるが、慣れるまでがやや苦痛。

 

「人間は何事にも慣れる」

的な表現を書かれていたのは、夜と霧でした。

 

大抵のことはそうだと思います。

歯の矯正なんて、始めるとなると最後までやらなければ、逆に変形させてしまうリスクもあります。

うまく不快感や違和感・痛みと付き合う方法を見つけれたらなと思います。

 

あっ

違和感や痛みを忘れる一つの方法は、

 

「走ることです!」

 

走っている間などは、特に気になって走りの邪魔にはなりませんでした。

全力疾走のときについては、今後の検討課題です。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました!

今日も楽しく走っていきましょう!