高知県No.1 RUNNERへの道

1位(先頭)のイメージを持っているか?

おはようございます!

ほのぼのランナーのgoshiです!

 

今回は自己啓発に近い内容です。

タイトル通り、「1位のイメージをもっているか?持って走っているか?」というテーマです。

 

どういうことか?

 

速く走りたいなら、

速く走っている人になりきってしまうほうが、

速くなるのではないかと

 

考えたからです。

f:id:midyuti:20210907155805j:plain

脳科学の世界ではミラーニューロンという言葉があります。

誰かの行動を見たときに、その人の働いている脳の活動が、自分の脳の活動にも影響する的な感じの言葉です。

つまり、

あの人は楽しいことをしているんだな!って自分が感じれば、自分の楽しいといった脳の領域が刺激されるということ。

そして、

スポーツにおいても、

そのスポーツを想像するだけでも脳の活動が得られるようです。

 

想像だけでは、体とのシンクロは不十分なのですが、

こういうふうにやればいいのか!

という基準にはなります。

f:id:midyuti:20210907155931j:plain

走るときには、

「腕はこう振りなさい、体は起こしなさい、足の付く位置はココです!」

なんて言われてもイメージがつきにくいですが、

実際に走っている人をみると、

言葉で説明できなくてもなんとなく飲み込めてしまいます。

きっとミラーニューロンが働いているからでしょう。

 

泳ぎ方や一輪車の乗り方をひたすら講演されても、

実際には練習しなければできないって感じです。

(伝わっていればいいのですが、、、)

 

そして、

わたしがいいたいのはここから!

速く走りたいなら、

速く入る人を見る、

速く走るイメージをもつ

ということが必要なのではないかということ。

 

===

 

私は3年ぐらい前からは一人で走っています。

そして、よく妄想しています。

妄想というか、「エアランナー」を作って走っています。

「エアカノ」のランナーバージョンですw

 

マリオカートでいう「ゴースト」みたいな感じです。

自分の前や周りを走るランナーを妄想して走っていることがあります。

長くは続きませんが、時々行っています。

f:id:midyuti:20210907160235j:plain

そして、気づいたんです。

前のランナーを追いかける妄想より、

後ろから追いかけられる妄想をするほうが、

勝手にプレッシャーがかかっていることに。

 

後ろにランナーが居る妄想をしているときには、

自分がペースを落とせば抜かれてしまいます。

(妄想ですが)

逆に、調子が良くてスピードを上げれば話すことができます。

そして、横に並んできた妄想があれば踏ん張って走ることができます。

(できました)

 

妄想の力を借りるだけでも、

練習の質が上がるのではないかと、

勝手に妄想しています。

 

この妄想も、

実際に体験していないとわからないこともあります。

私の場合は、

数年前の、ハーフ以下の短いマラソンでは、

トップの選手についていけるところまでついていってやろうという走り方をしたり、

全力疾走しているにも関わらずに、後ろのランナーが抜いていかれた経験が何度もあります。

 

その時の感覚を味わっているからこそできる妄想かもしれません。

高知県の小さな大会では、なるべく前の方に並ぶことができて、

最初の1kmぐらいはトップの選手についていけることができます。

香川県の丸亀ハーフマラソンでは、

速い選手はたくさんいるので、常に追いかける、抜かれる経験を味わえます。

(フルマラソンはほとんどそうですね。)

 

このイメージを練習で行うと、

一人でただ走っているより練習の質が上がるのではないかと感じています。

なんとなく、だれもいないのに(エアランナー)勝負している気分になります。

 

私は、時計を見たり距離を見たりして走ることが苦手です。

そんな私のようなタイプにはエアランナーを召喚するのがおすすめの練習方法です。

 

どうか、

あなたも一人で走っているときに試してみてください。

そして、さらなる高みを目指しているあなたには、

「1位」で走っているイメージで、

追いかけられるプレッシャーを感じながら走る

感覚・妄想で走ることをおすすめします!

 

===

 

ま、でも妄想は難しい面もありますね。

一人で走っていても、

全然知らないランナーさんと出くわしたときには、

・コソッと距離を開けてついていってみたり、

・自転車を追いかけてみたり、

ちょっとした工夫を見つけて、

日々のランニングに取り入れてみましょう。

 

くれぐれもストーカーにはならないようにですよ!!!!

 

まとめ

  • ミラーニューロンの効果をつかて、速いランナーがどんな動きで走っているのか、どんな事を考えて走っていそうなのかを考えよう!
  • 追いかけるイメージより、追いかけられるイメージをもつほうが走る気持ちが持続するときもある。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました!

妄想が膨らんだため、言葉にしてみたらココまで書いてしまうとは、、、

今日も楽しく走っていきましょう!!