高知県No.1 RUNNERへの道

30歳からの矯正日記:第9話~やや後戻り、順調に行かないときにも焦らずにいこう!(閲覧注意)

こんにちは!

2020年8月から歯の矯正を行っているgoshiです。

f:id:midyuti:20200814172334j:plain

インビザラインというマウスピースのようなものを1日20時間以上着けています。

毎週ごとに、上の写真のようなものを取り替えて徐々に矯正をしていく装置となります。

今週で11周目になりました。

 

歯の矯正は確実に行われてきていてだいぶ動いています。

特に動かさないといけない歯の部分は痛みがあります。

 

私は毎週金曜日に取り替えるようにしているのですが、ここ2週間は下の歯の痛みが強くなっていました。

 

ちょうど矯正歯科の受診の日が先日あったため相談してみました。

 

すると、

 

「浮いてますね。」

 

「合わなくなってきていますね。」

 

 

とのこと。

一番動かさなければならない歯の周囲がうまくハマっていないようでした。

 

なんとなく、インビザラインがうまく噛み合っていないところがあるなと思っていたので、納得はしました。

加えて、痛みが強かったので。

 

 

では、どうするのか?

 

 

私の場合は、9周目のインビザラインを10日間着けることになりました。

10日たつと10周目のインビザラインへと変えていきます。

 

上の歯は11周目のインビザラインを使い、下の歯は9周目のインビザラインを使うことになります。

これから、間違わないようにしていかねばなりません。

 

次の矯正歯科の受信は3週間後となり、やや早まりました。

 

3週間後には、11周目の下の歯のインビザラインがうまく着けられることを祈っています。

 

 

今回の矯正歯科では、新しい道具をもらいました。

 

その名は、

 

「アライナーチューイ」

 

です。

f:id:midyuti:20201024194423j:plain

チューイでもいいのかな?

名前は教えてもらわなかったため、ググりました。

 

矯正器具はやはり浮くことがあるようです。

上の写真のものを噛むことで浮いているところを修正してくれるものになります。

 

衛生面が非常に気なりますが、毎回洗って、そのまま放置しています。

管理方法は次の受診時に聞いてみます。

 

どれくらい噛めば良いのか?

 

「可能な時にはずっと」

 

と歯科衛生士さんに聞きました。

 

「・・・?」

 

一瞬、マジカ、、と思いました。

仕事中はどうしようかな、、、とか。

 

「夜の時間のあるときはなるべく噛んでください」

 

のように聞きました。

今は、家では3時間程度加えているような感じです。

 

3日もすれば、噛むことに慣れてきました。

初日はチューイが固くてなんどかポンッと口から出ることがありました。

翌日にはやや柔らかくなってかみやすくなっています。

 

永遠に噛める硬めのガムといった感覚です。

ちなみに、休みの日は食べる、走る以外の日は噛んでいるため10時間ぐらい口に入れているかもしれません。

 

言われたことに忠実な私のようです、、、

100万円かかっていますからね。

これ以上は払いたくないものです。

 

 

というわけで、今回はこんな感じです。

 

  • インビザラインを装着して10~11週目で装置の矯正と歯が合わなくなってきた。
  • 使うインビザラインは前の週に戻して再度矯正を再開した。
  • チューイというものを使うようになった。

 

  • これからは、装着はしっかり押し込む意識を毎回していくこと。
  • 外すときも、後面から取ること(雑に急ぎすぎないこと)

 

以上、矯正を考えている方の参考になっていれば幸いです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。