高知県No.1 RUNNERへの道

わたしのアウトプット方法(ランニング編)。

こんにちは!

市民ランナー6年目のgoshiです。

 

はてなブログの「タグを使ってみよう 」のイベント?です。

 

私のアウトプット方法は、

 

「やりたいなと思ったことは実践してみる!」

 

です。

 

・本を読んだり

・ネットから情報を手に入れたり

・人から教わったり

you tubeから学んだり

 

いろいろインプットの方法はありますが、なかなかそこから動けない人間です。

f:id:midyuti:20201026082351j:plain

しかし、最近は少し変わってきたように思います。

 

具体的には、

 

・やりたいなと思ったことは実践してみる!

 

ということをやりだしたのです。

人から聞いたり、情報を得ると納得してしまいます。

 

こうすれば良いんだ!と。

そして、満足してしまいます。

 

ランニングで例えると、

  • 毎日こんな練習をすれば良いんだ!
  • この日は休みだからこの練習をして、この日は仕事が続くからこれにしよう!

 

となるわけですが、

実際、自分の立てた計画通りにすすめることは少ないです。

 

特に、

  • 峠走をしたい
  • ペース走をしたい
  • インターバル走をしたい
  • 距離走をしたい

などとどんどん練習メニューがうかんできてしまいます。

 

そんなときはどうするか?

なるべく詰め込んで全部やります!

 

休みの日の朝に、インターバル走を行います。

続けて昼や夜に峠走か距離走を行います。

 

ランニングの本にはこういったことはあまり書かれていません。

故障のリスクがあるからです。

 

私の場合は、実業団やプロの選手ではありません。

ランニングを楽しんでいる市民ランナーです。

 

つまり、何をやっても良いのです。

選手でありコーチです。

f:id:midyuti:20201026082714j:plain

そして、私のやりたい練習はたいていは負荷量が高すぎる傾向にあります。

達成できそうにない課題ばかりです。

 

達成できそうにないのに、計画を立てている時には達成できると思っているのです。

 

こんな時にはインプットではなく、アウトプットします。

 

つまり実践あるのみです!

 

実際に走ってみて、現実と理想とのギャップを実感します。

すると、練習計画と妄想と現実がつながってきて、

 

ただ単にやりたい練習

 

  ↓↓

 

やれば成長できると思われる練習

 

へと変わってきます。

 

現在の練習メニューも毎回変わっています。

2ヶ月前はインターバル走をかたくなに行っていました。

 

インターバル走をやると、インターバル走で速く走ることができます。

 

”インターバル走で”

 

”速く走る”

 

ようになるのです。

うまく表現ができていないのですが、私はフルマラソンのタイムを上げたいのです。

そのためには、フルマラソンに近い練習を取り入れる必要があります。

 

インターバル走ばかりをやっていては、夢達成への道のりが長くかかりすぎるのだ!

ということに最近気づきました。

 

なんのためにその練習をするのか?

f:id:midyuti:20201026082842j:plain

ということは、実践せずに頭でわかっていても心まで響きません。

妄想中の自分は素晴らしい未来を描いていますが、実際の自分はそこまでの実力を持ち合わせていません。

 

そこに気づかせてくれるのは、実際にやった練習のタイムだったり疲れ具合だったりします。

 

「実際に走ってみる」

 

というアウトプットをすることで、妄想に浸りすぎることなく、今必要なことが何かを考えることができます。

 

 

これまでのことをまとめると、

 

私のアウトプット方法は、

 

「やりたいと思ったことはやってみる!」

 

やったあとに改善点が見つかるため、そこからまた成長できると考えます。

 

 

以上、私のアウトプットの方法でした。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

結局、カラースターってなんなんだ?

いも✕ランニング

今週のお題「いも」です。

 

こんにちは!

サブ240を目指す市民ランナーのgoshiです。

 

「いも」

って食べる「いも」でいいんですよね?

 

・じゃがいも

・さつまいも

・さといも

 

などでいいんですよね?

 

私は、芋は好きな方の食べ物になります。

 

特にさつまいもが好きです。 

 

甘くて甘くて甘いので。

 

f:id:midyuti:20201026092020j:plain

小さい頃には焼き芋をしていました。

とても美味しかった記憶があります。

秋~~冬には最高ですね! 

 

この「いも」ですが、

 

炭水化物であり食物繊維が多くあるという情報は知っていました。

 

ランナーにもオススメなのでしょうか?

 

結論!

 

5段階の「3」!

 

理由

優先順位としては低そう。

 

 

ランナーは基本的に炭水化物・タンパク質・ビタミン・ミネラルが必要と言われています。

 

芋は主に炭水化物と食物繊維。

 

・炭水化物は、身体のエネルギー源となります。

・食物繊維はお腹の調子を整えてくれる働きをします。

 

炭水化物は主に、

・全粒粉のパンやパスタ

オートミール

・そば粉

・大麦

・玄米など

 

が上げられます。

 

「いも」を積極的に食べよ!という情報は少ないですね。

「じゃがいも」はビタミンB群が豊富で、筋肉の修復と回復の促進、貧血の予防、免疫システムの維持に関係しているようです。

 

他の食べ物で栄養を得るほうが、効率は良さそうな印象です。

ただ、腸内環境を整えてくれる効果もあるため、お腹の調子を下しやすい方にはおすすめされる食べ物です。

 

ちなみに、さつまいもは血糖が急激に上がる食べ物ではないようですが、逆に消化しにくい食べ物のようです。

 

レースの当日や前日に食べすぎると、お腹を下す(痛くなる)原因となってい舞うかもしれません。

激しい運動の前に食べるイモ類には注意してきましょう。

 

 

ちなみに、私はあまりイモ類は食べません。

強いて言うなら、

 

・フライドポテト

芋けんぴ

 

ぐらいでしょうか。

たまに食べるから美味しいですよね!

 

f:id:midyuti:20201026092030j:plain

以上をまとめます。

 

  1. ランナーにとってイモ類はお腹の調子を整えるときに使うべし。
  2. 激しい運動の前に食べることは控えたほうが良さそう。
  3. 結局は、自分の方だにあったものを選ぶのがよし!

 

以上、「いも」✕「ランニング」のテーマの記事でした。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

参考文献

 

HOW TO RUN

HOW TO RUN

 

ランニングシューズ CP SPU002 スチールコート を手に入れたのでレビューしてみた!

こんにちは!

6年目市民ランナーのgoshiです。

 

新しく仲間になったランニングシューズを紹介してみます。

その名も、

ランニングシューズ CP SPU002 スチールコート

スチールコートシリーズです。

 

朝ランや回復ジョグでのシューズを探していまして、たまたま安く出会いましたので即決即購入しました。

f:id:midyuti:20201006091514j:plain

見た目

私が購入したのは上の写真のもので黄色です。

初めて黄色のランニングシューズを買いました。

黄色のウェアを持っていましたので、合わせて丁度いいと感じています。

 

かっこよさ

「★★★★☆」

ランニングシューズですので走れそうな雰囲気はあります。

目立つ色でかっこよさポイント高めです。

 

可愛さ?

「★★☆☆☆」

色合いですかねw

 

ライム(上の写真)、ブルー、オレンジの3色があるようです。

 

コスパ

ランニングシューズの中では安い方です。

 

アマゾンでは、

25cm~28cmまで

4290円+送料

でした。

(私はもう少し安く買いましたw) 

私はジョギングのみで使う予定ですので、500~700km程度は走れるのではないかと考えています。 

というか500kmぐらいは持ってほしいです。

 

これから走って、耐久性は評価していきます。

購入理由

私の場合は、安かった!の一択でした。

 

アマゾンの商品紹介では、

レーニング用ユニセックスランニングモデル。フォームの改善や効率の良いトレーニングを目的とする初級•中級者に向けたドロップの低いミッドフッド設計。アッパーはシームレスパーツと通気性の高いメッシュを使用し、ミッドソールには軽量E V A のA T O M I C L I T Eを搭載することで全体の軽量化を実現。ランニング時の足のねじれを防止するシャンクや耐摩耗ラバー、高弾性カップインソールによるクッション性、踵には反射材を装備し安全性も確保。彩度の高い鮮やかなスポーツカラーとファッション性を高めたグラデーションが特徴。

という紹介がされていました。

  • レーニング用に使える。
  • 初級者にも使える。
  • 足のねじれを防止してくれるサポートあり。
  • 軽量

初心者からでも使えそうな印象ですね。

レーニング用ということは、それなりに走っている人でも使えると。

 

履き心地(履き始め)

f:id:midyuti:20201006094906j:plain

  • 履いた瞬間は足の甲がきつく感じました。
  • インソールはクッション性がありそうです。
  • 靴底のクッションは少ない印象でした。
  • ナイキのペガサス36より踵を覆っている感じはありますので、足首のサポートは多少あるのかなと感じました。
  • 横幅がやや広めのイメージ。
  • 縦の長さは25cmの靴で軽く隙間ができる程度(問題なし)。

 

足の甲がきつく感じたのは靴紐の締め方が、

「オーバーラップシューレーシング」

に、なっていたためでした。

「アンダーラップシューレーシング」

へ変えたら治りました。

 

アンダーラップは圧迫が少なく長距離ランナーに適しており、

オーバーラップは締りがよく短距離ランナーに適しています。

 

アシックスのサイトで、

「スニーカー・ランニングシューズの靴紐の結び方 & 通し方」

を調べたことがあり、改善できました。

 

結論

履き心地は悪くはない。

 

履き心地(ランニング中)

アンダーラップシューレーシングへ変えてからは足の甲の痛みがなく走れています。

走り始めは、地面からの衝撃を強くうけた印象でした。

しかし1~2km走れば慣れて来ました。

 

スピード上げた練習では、ペガサス36と比較して5~10秒ぐらい遅くなる印象でした。

(レースシューズではないためそこまで求めてはいませんが)

 

全力疾走ではない、少しスピードを挙げる練習であれば使えるかなと思います。

クッション性もあるといえばある感じですが、15kmもすると足の裏の疲労が強くなってきたためフルマラソンに使えるかというと、不安になるかと感じます。

 

反発はもう少し欲しい印象です。

(靴に頼り過ぎも良くないですが、、、)

 

もちろん、慣れもありますので自分の足にジャストフィットしたと感じた方には、一緒にフルマラソンも走ってくれるはずです。

(練習でお試しあれ)

 

結論

  • ジョギングは問題なく使える。
  • テンポ走や少し速いスピード練習も可。
  • フルマラソンを走るには、つらそうなクッション・反発力。

 

いつ使うか?

何度も書いていますが、私はつなぎジョグや回復ジョグで使う予定です。

数100m~1000mまでのダッシュなどでも使うかもしれません。

 

どの靴をどの練習で使うかは試していくしかありません。

どんな人に向いているか?

初心者の方でもOK。

一度履いてみて、足に合うな!と思ったら走りやすいはずです。

10~20kmの距離のレースなどで使える印象です。

 

きれいなカラーですのでウェアと合わせたいならオススメのランニングシューズとなります。

 

まとめ

  • 安くて色合いの良いランニングシューズ
  • 横幅はゆったりめな印象。

 

以上、新しい仲間の紹介でした。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。