google-site-verification=byvbbXYsF7I-yOsqcj4Kz9hSzF1uCzcwO4CjxWMpuu0

わが子ちゃん 読んでみたので感想など。

その本の内容を一言で言うと、妊娠中のお母さんの気持ちがわかる本です。

感想(特に気になったところ)

特に印象に残ったのは、

つわりのときの感情や妊娠が進むに従って、

不安や心配事、

体調・メンタル面が崩れやすいことが増えていくことです。

 

本書ではつわりのときには、

食べては吐くことをと言うのを繰り返されていました。

私の妻は食べる事はできていたし、

吐く回数も少なかったようで、

本書ほどの吐き気・嘔吐はありませんでした。

 

一人一人症状は違うと思うのですが、

妊婦さんの対応には会話からでも

気をつける必要があるなと

改めて思い直した内容でした。

 

===

 

本書のP64。

胎動がない時間帯は

死んでいるのではないかという疑惑がよぎる。

 

胎動を感じる母親だからこそ来る不安ですね。

いつもはもっと動くのに今日は動かない・・・

こんな不安は生まれるまで消えないでしょうね。。

 

私の妻は

入院中ですが赤ちゃんが胎動が少なく、

徐脈(脈が少ない)担っていたと連絡がありました。

 

エコー検査?でへその緒が巻き付いているだけだろうと。

心配はないという診断をもらったそうです。

 

赤ちゃんも胎動があるときとない時があるのですが、

何時間も動かない状態が続いていると

精神的にも応えそうです。。

もちろん、動かれすぎても大変みたいですが。

雑談

妊娠本を読んだことがある方は

だいたいその内容です。

 

妊娠・出産はひとりひとり違うので

こういうこともあるんだ!といった感じで

気楽に読むことができます。

 

ひとりひとり違うけれども、

同じ経験や同情できる場面もある。

 

ぜひ、男性が一読してもいいかなって思います。

 

妊婦さんの気持ちが少しは理解できるかも知れません。

すると、

日々の行動も変わるかも。

 

経済的なことや子育て、仕事や環境など

変えられないことはたくさんあるけれど、

変えられることに目を向けて過ごしていきたいと思いました。

今回読んだ本です。

シリーズはまだ続きます。

よかったらぜひ。