高知県No.1 RUNNERへの道

30歳からの矯正日記:第19話~まだまだ続くよ歯の矯正~(閲覧注意)

おはようございます!

歯の矯正中の市民ランナーgoshiです!

2020年8月から矯正治療中です。

f:id:midyuti:20200814172334j:plain

私の矯正は、上の写真のような(インビザライン)マウスピースをつかって行っています。

一週間ごとに、交換してゆっくりと矯正していきます。

 

今回は、新しいインビザラインが届いたこと、いろいろ歯につけられたって感じでした。

前回からの経過

前回は歯の型をとって、次の矯正はこんな感じのことをしますよって感じの説明を受けました。

 ↓↓前回の記事です

www.goshi-run.com

私の休みの関係でおそくなって4~5週間ぶりの受信となりました。

歯の様子は代わりありません。

今回、矯正歯科で行ったこと

  • 歯の洗浄
  • アタッチメントをつけた
  • ゴムを引っ掛けるものをつけた
  • 新しいインビザラインをもらった
  • ゴムを付ける練習をした

って感じでした。

まずはいつもどおりの歯の洗浄。

それから「アタッチメント」をつけました。

アタッチメントとは、、、

歯の表面に突起物をつけて、インビザラインをつけたときに動かないように調整するものです。

私は8箇所ぐらいつけたと思います。

 

次は、ゴムを引っ掛けるものをつけました。

前回、簡単に説明があったため自分で調べてみたので雰囲気はわかっていました。

しかし、実際に付けられると、違和感があります。

ゴムの強度は2種類あって、強度が強いものとやや弱いもの

仕事中は弱いもの、寝るときは必ず強いものをつけてくださいとのことでした。

一日交換のようです。

 

そして、新しいインビザラインを67枚もらいました。

1週間毎に交換するため、単純計算で1年と3ヶ月。

やや頭の中では長いなと感じていましたが、マスク生活ですしそこまで気になりませんでした。

インビザラインで矯正する人は、2回目の開始時に枚数が降ることでメンタルが落ちるそうです。

(てか、そんな説明あったか??って感じです)

(3~4年かかるとは言われた記憶がありますが、、、)

(説明も1年前なので忘れていても無理ありません)

もし、これから矯正を考えている方は、思っている以上に時間はかかるものだということを知って始めてほしいです。

 

走れることは変わりないため、それほどメンタルは落ちませんでした。

(たぶんね!)

 

最後に、実際にゴムの付け方を習って装着です。

右側が難しいようです。

最初は手間取りましたが、すぐに感覚はつかめました。

 

あっ

ゴムを付ける理由を書きますね。

どうやら、私のこれからの矯正は、奥歯を奥と外側へ押し広げるようにして、かみ合わせを調整するようです。

 

ゴムは八重歯に付いてて、それより前の歯が前に行かないようにするためのもののようです。

矯正力が働くっていっていました。

深くは追求しませんでしたが、そんなもんなんだと受け止めております。

 

信頼あるのみです。

今後

また1ヶ月毎の受診となります。

67枚、1週間毎の交換で67週の予定ですが、

後半になるにつれて交換の時間が早くなるとのことも話してくれました。

3日に1枚とか。

 

私としては、きれいな歯並びになるのであればそれでよしです!

不便もありますが、インビザラインの装着と、ゴムの装着をこれから習慣にしていきます。

 

ちなみに、ゴムを付けると、歯が開けにくくなります。

明日の仕事が気がかりですが、まずは実践あるのみです。

試してきます。

閲覧注意

f:id:midyuti:20210823164843j:plain

f:id:midyuti:20210823164845j:plain

このような感で上と下の歯に、左右ゴムを付けなければなりません。

 

===

余談ですが、

先生が、今回のオリンピックの体操の女子の選手?にインビザラインをつけている選手がいるとおっしゃっていました。

ゴムを付けているところも見えたのだとか。

外国人選手で銅?メダルを取っていたようです。

 

オリンピックの選手でも競技をされているので、走っても大丈夫と。

 

お心遣いありがとうございます!

聞かれなくても走る予定だったので不安材料を消していただきありがとうございました。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました!

次は来月末辺りです。

今後も、よろしくおねがいします!

そして、矯正を考えている方はなるべく早めに始められることをおすすめします。

かかりつけの歯医者さんや、矯正歯科さんに聞いてみてください!

 

では!