高知県No.1 RUNNERへの道

理学療法士は脳画像で何を見るのか?

セラピストが介入するときには病変部位の診断は医師によりくだされていることが多い。

 

ならば何を見る必要があるのか?

  •  病変がどこまで広がっているのか?
  • 損傷しているところが免れているか?
  • どのような障害が生じているのか?

などである。

そのためには、

解剖学的・症候学的知識がいる、、、

 

また、評価に関しては。

  • 見たところとの乖離がないかを確かめる。(評価の妥当性など)
  • その減少がどういう障害で起こっているのかを知る必要がある。

 

文献

脳卒中リハビリテーション必須スキル P80-81